ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

ソビエトの昔話

小学生の頃、世界の昔話のシリーズ本がありました。
お気に入りで、世界各地のお話を読んでいました。
そこで覚えた問いかけとその答えがあって、でも最後の一つが思い出せなくて、気持ち悪かったのです。
15年以上経っても気になっていて、今住んでいるところの図書館で検索してみたらたぶんこのシリーズだろうというものに行き着いたので、ひとまず探してみようと読み始めました。
字が大きくて重い本なので、通勤時間に読むのには多少難儀しましたが、年末、ついに行き当たりました。


タイトルは『世界のむかし話⑲ソビエトのむかし話―イワンのでたらめ話/ほか』(田中泰子編訳)。偕成社で1991年発行。
なんと私が生まれる前の発行ですが、けれど昔話というものは古すぎるからこそいつまでたっても古びないものです。
ちなみにシリーズは20まで図書館にあって、その先だったらどうしようと考えながら、読み進めました。20までは読み切ったので、今の私はインドネシアボリビアアメリカもカナダもパプアニューギニアも昔話を知っています。



本題の、問いはこうです。

「この世でいちばんつよくて、はやいものはなにか?いちばん肥えたものはなにか?いちばんやわらかいものはなにか?いちばんたいせつなものはなにか?」


兄弟が口論をし、とうとう皇帝に裁いて貰うことになりました。
皇帝の四つの謎を出したのです。

頭をかかえる弟に、七つになる娘は言いました。

「いちばんつよくてはやいものは風。いちばん肥えたものは大地。だって、大地にはえている木も草も、そこでくらしてる動物も、みな大地がやしなってるのだもの。いちばんやわらかいものは人間の手よ。だって、人はなんの上にねても、頭の下にはかならず手をおくでしょう?そして、眠りよりたいせつなものはありませんってね。」


もう忘れないと思います。
世界の誰もが忘れても、ソビエトの賢い娘の昔話は私が守ります。
小さかった私から、今の私へ確かに届いたメッセージです。


この世で、一番強くて速いものは風。一番肥えたものは大地。一番柔らかいものは人間の手。一番大切なものは眠り。

未来の私へ

きっとこれから仕事が辛くなります。
いいえ、上司に叱られて仕事ができない自分が嫌で、職場が辛くなります。
だから、ちゃんと自分のために書いておこうと思います。



S課長は、仕事ができない人は価値がないように言っていたけれど、人の価値はそんなところにはないと私は知っています。
Iさんは仕事ができるできないとは関係なく皆に可愛がられています。仕事ができてとても偉かったCおじちゃんが、退職後寂しそうに過ごしていたことを知っています。
職場では仕事ができるというのが価値になるけれど、人生ではきっとそうじゃないです。



私は知っています。私が私であるだけで喜んでくれる人がいることを。私が元気に生きていることを喜んでくれる人がいることを。
そして、私にもそんな人がいます。その人が例え仕事ができなくても、私は全く気にしません。



だから、私よ。
頑張らなくても気にしなくても良い。心を強く持って、何も気にしないで生きてください。ただその日読んだ小説や漫画や動画を楽しんで、ただその日の太陽を気に掛けてください。
S先生からのメールを、「誰の何の言うことを聞かなくていい、自分の道を歩め」というメッセージを思い出してください。
仕事ができるWさんに、K次長がラーメンを奢りたがらないことを思い出してください。

生きることに、ただ偶然上司になった人の言葉なんて影響しないとちゃんと思い出してください。



どうしようもなくなったら、中島みゆきを歌ってください。

『救われない魂は傷ついた自分のことじゃなく
 救われない魂は傷つけ返そうとしている自分だ』
(友情)


明るくなくても仕事ができなくても良いから、もっと未来の私のために、健康な心を保ってください。



この文章が、今の私を救うだけでなく未来の私をも救ってくれますように。
未来の私、頑張らなくても良いから壊れないで。

思い出を食べる

大学時代、救われたものが3つあります。
S先生、坂崎幸之助吉田拓郎オールナイトニッポンゴールド、アルバイト。
そのどれが欠けても私は大学を卒業することが出来なくて、どれも本当に本当に大切です。



他の2つについては今は省略するとして、1月15日を持って元アルバイト先の居酒屋はなくなってしまいました。大学の授業よりも長い時間を費やした、私の思い出の場所。
先週、最後に駆けつけることが出来ました。
名古屋風手羽先の唐揚げ。豚足の唐揚げ。チキン南蛮。もつ鍋。ビワミン。私が大好きだったメニューたちの幾つかがなくなっていて寂しくて、残っているメニューの味が昔とは微妙に違っていて寂しくて、あんなに騒がしかった店内が静かなのが寂しかったです。
こうやって変化していくんだなと思いました。
それでも、最後に、楽しかった時代を思い出して好きな人に会えて、心から良かったと思います。



3年の間、何度あの場所で泣いたことでしょう。それ以上に笑ったことでしょう。
苛められたこともありました。いじられたこともありました。悔しくて泣いたこともありました。店長のいない日にアイスを食べたこともありました。面白い話を聞きました。面白い話をしました。お客さんと飲みに行きました。お客さんとカラオケに行きました。大学の同級生が来たこともありました。大学の先生が来たこともありました。バイト仲間とボーリングにも行きました。バイト仲間と飲みにも行きました。社員さんと何度も朝までファミレスでお喋りもしました。S先生とMと行ったこともありました。後輩に教わったこともありました。たくさん怒られました。たくさん諦めました。たくさん笑いました。たくさん吸収しました。学びがたくさんありました。

両親と外食というものを殆どしたことがない私にとって、居酒屋というのはとてもスペシャルな場所でした。
そこで働けて、毎日学ぶことがたくさんあって、面白い人がたくさんいて、通うのが楽しみで働くことが楽しかったです。
こうして思い出すと、良い思い出ばかりのようです。
良くない思い出も、あれらが私を形作ったと愛しく考えることが出来ます。



過ごした時間の濃さは最上級で、私は愛されていて、そしてあの場所を心から愛していました。

思い出の場所は、これから私が胸の中で大事に温めて生きたいと思います。


思い出の味は、変わってしまっていた部分もあるけれど、やっぱり懐かしい気持ちになりました。

大晦日

晦日です。
酔っ払っています。


今年はどんな一年だったでしょうか。
振り返ってもここ最近のことしか思い出せませんが、きっと誰もがそんなものでしょう。



雑に振り返ると、異動を経験したせいで変化に満ちた一年だったように感じます。
怒ったこともたくさんありましたが、楽しいこともたくさんありました。別れもたくさんありましたが、出会いもたくさんありました。
良く本を読みました。何回も旅行をしました。美味しいご飯もたくさん食べました。新しい習慣、新しい考え方、新しい友達。
そう、友達が二人できました。
それだけでもこの一年は良い年だったと思えます。



新しい一年はどんな年になるでしょうか。
元気で、自分を大切にできる一年に出来ると良いなと思います。そして出来るなら、少しでも良いから今より綺麗になりたい。


良いお年を。

謝辞

久しぶりに自分の卒論の謝辞を読もうと思ったら、まさかのこちらのブログには載せていませんでした。

ので、卒業してもうかなり経ちましたが、こちらにnoteの自分の記事から転載します。

 

note投稿日:2019年2月2日
 
 
卒業論文を提出しました。
卒論には謝辞というものがあって、最後に感謝を述べることになっていました。
その謝辞を、ここに転載します。

 

まず、本研究に関してだけでなくどんな時も温かく見守ってくださり、私たちゼミ生の活動をより良いものにするためにご尽力いただきましたI先生に深く感謝いたします。4年半という長きにわたるゼミ生活でしたが、先生のご指導がなければここまで辿り着けませんでした。どうかこれからもお身体を大事にお過ごしください。


また、I先生、M先生にも感謝申し上げます。お時間を幾度も割いていただき、貴重かつ多大なるご助言とアンケート実施への温かいご協力をいただきました。


研究科のK先輩には感謝が尽きません。提出2日前に執筆中のデータが消失するという形容し難い絶望から救っていただき、ここに無事、完成を迎えられました。未来の4年生にこの不幸が訪れないことを祈っています。


そして、ここに今の私があるのは、このスペースには書ききれないほどの方々に叱られながらも助けられ、励まされ、支えられて成長できた結果です。


大学で出会った先生、先輩、友人と過ごした時間は思い返せば、私に自信と希望を与えてくれた充実した時間でした。豊かな時間と、知らぬ間にいただいていたたくさんの愛に感謝いたします。


もし、私が6年間の在学中に大人に近づけたとしたら、それは、アルバイト先で出会った人生の諸先輩方から得た数々の教訓があったからです。悔しさに泣いた日、仕事について語り合った日、怒られて落ち込んだ日、褒められて嬉しかった日、怒りに震えた日、すべての日々は私を成長させてくれました。人生の勉強ができる場所に恵まれ、出会いとともに、これからの人生において貴重な学びと経験が得られたことに深く感謝いたします。


また、休学中のアジアでの出会いは、世界の広さと世界の狭さと、命と日常の貴重さを私に教えてくれました。バックパックの重さも青い空も忘れずに生きていこうと思います。


何より、2年間の休学から復学した私を温かく快く、当然のように仲間に加えてくれたI研究室15期生の皆さん。年上であり休学明けだった私を受け入れることに、戸惑いや抵抗もあっただろうと思います。しかし、復学から卒業までのこの1年半の間、楽しみや喜びだけでなく、怒り、悲しみ、苦しみや悩みも分かち合えたことが、私をどんなに支え、どれほど幸せにしてくれたかは書き表すことができません。私が私のままでいられたのは、15期生のおかげと言っても過言ではありませんでした。改めて感謝するとともに、これからともに社会に旅立つ皆さんの人生にたくさんの幸せが訪れることを願っています。


私を成長させてくれたこの地と、在学中に出会えたすべての人、得られたすべての経験に感謝をささげます。

 

 

参与のこと

今の会社に私が入社すると同時に、同じ部署に異動してきた部長がいます。
西日本各地の支店長を歴任、今の支店長クラスはほとんどが元部下、ひっきりなしに電話が掛かってきては仲が良さそうに関西弁で怒鳴るように喋るその人は、2年ほど前、還暦を迎えて参与という肩書きになりました。
33,4歳は離れているでしょうか。
立場も生きてきた時代も違う私たちは、それでもとても仲が良く、私は参与のことが大好きです。



大雑把で、いかにもステレオタイプの関西人らしく大声かつ豪快に喋り笑う人で、眉を顰める人もいます。
基本好きにやれというスタンスですが進捗確認は忘れないから、相談もしやすくて部下として仕事しやすい。適当にも近いので、嫌いな人はそういうところも駄目なのでしょうが。
けれど「それええやん」と何にでも興味を持ち、話し掛けてくるにしても踏み込んでくるところとはっきり引くところの見極めと距離の取り方が滅法上手い。
何がすごいかって今まで一度も嫌なことを言われたことがないということです。年配男性特有の、あの「恋人はいるのか」「好きな人はいるのか」といったうんざりする質問もなく、感覚を常にアップデートしているのだろうと思います。



きっと、若い頃はさぞかしモテたんでしょう。颯爽と、そして堂々とした歩き方、スラリとした長身、何よりも言葉。
私の私服をたまに見かけると「えらい可愛らし格好しとるなぁ」と褒めてくれます。それも一度や二度でなく。
一度話したことも忘れていなくて、「前も話したんちゃうか」と言われてドキッとしたことがあります。よく見てよく記憶しているのです。
もしも年齢が近かったたら、私も恋愛的な意味で好きになっていたと思います。



どこが一番すごいかって、気持ちを軽くしてくれることです。ご飯をレンジで温める時の短い時間に話すだけで、帰り際に少し喋るだけで、話や着眼点が面白くて大笑いしてしまって嫌な気持ちも吹っ切れるのです。愚痴をこぼせばすとんと胸に落ちることを言ってくれるか突き放されて逆にほっとします。
そういうところとってもすごいなぁと思っていて、私もいつかああなりたいです。



大好きで、尊敬していて、出来ればずっと喋っていたいです。心を軽くしてくれて、そんな人が同じ場所にいると本当に安心できるのです。
可愛い人も美人も溢れている場所で、馴れ馴れしく話しかけていく私を特別なように目を細めて可愛がってくれるのには優越感すらおぼえます。
また飲みに連れて行ってください。カラオケは勘弁して欲しいけれど、本当に会うのを楽しみにしているんです。嬉しそうに「ほんま?」って聞かれるのくすぐったかったです。



すっかりラブレターのようになってしまいました。
いつか見返して恥ずかしくなるとしても、残しておきたかったんです。
尊敬できる人や目標に出来る人がいるのは嬉しいことです。歳を重ねたら、私も人の心を軽くできるようになれるでしょうか。なりたいです。

今日から

今日はこれを書かなければいけません。記録に残さないといけません。

28歳と少し、こんなに早く出会うとは。

バスと電車が遅れて急いで更衣室に入った朝、ロッカーを開けてふと鏡を見た時。

目を疑いました。嘘だと誰か言ってくれと思いました。昨日までは知らなかったものでした。

 

 

今朝、初めて白髪を発見しました。

 

 

 

これから長い付き合いになるでしょう。悩まされることもあるでしょう。

それは今日から始まります。

 

 

 

いつか遠い日に増えた白髪を見て、過ぎた日々を思って微笑める程、全力で生きられますように。積み重ねた日々の証を、味方にできる程強く靭やかになれますように。

全てを受け入れられる日が来ますように。どうか。

今年の私より

tyuruyuuka.hatenablog.com


私へ

相変わらず楽しく暮らしています。
引っ越したいと言いながら、引っ越しは未だにしないままです。
何も残さないまま今年を終えてしまう恐怖に怯えています。好きなものが増えたか、自信がありません。嫌いなものは残念ながら増えてしまいました。
去年買ったフットマッサージャーは、昨日不燃ごみに出しました。面倒くさいのは結局駄目です。でも、頭皮のマッサージャーとアイマッサージャーは欠かさず使っています。

そういえば先々月、コロナになりました。
あなたが怯えていたよりもずっとずっと軽症で、自分の運の良さに我ながら感服しました。

8月からついに異動になり(あなたの予想通りの場所へ)、毎日を自分にがっかりしながら過ごしています。
変わることを恐れないでと言ってくれてありがとう。
変わり続けながら変わらない自分でいられるようにします。

2022.12.10.

食生活(2022年11月)

tyuruyuuka.hatenablog.com

読み返してみたら面白かったので、2022年11月現在の私の自炊生活を。



●ご飯。

1週間に一度炊く。白米に胚芽押麦を加えて。比率10:8くらい。
200gずつラップで包み、冷凍。最近は250gに増やそうか思案中。



●おかず。
1〜3週間に一度、大量の野菜炒めを作る。
醤油味、味噌味、カレー味。味のバリエーションはかなり少なくしても食べるのも自分なので文句も出ない。
サバ缶・ツナ缶はあまり入れなくなりだし、最近はもっぱら高野豆腐オンリー。
一食分ずつラップに冷凍。



●味噌汁
1〜2週間に一度、味噌玉を作る。
味噌は1〜3種類を適当にブレンドしたりしなかったり。
必ず入れるのは、かつお粉、しいたけ粉、昆布粉、生姜パウダー、わかめ、きな粉、すりごま、干し野菜(大根葉、ほうれん草、人参、大根、ねぎ、小松菜)。
入れたり入れなかったりしてバリエーションをつけるのは、高野豆腐、いりこ、板麩、昆布、七味唐辛子、柚子胡椒。
作ったら一食分ずつラップで包んで冷蔵庫へ。
ここは食材はいくつか変わっているけれど、ほぼ変わらない。



●茹で鶏
鶏胸肉を一口大に切って茹でて、200gずつ冷凍。



●たんぱくおにぎり
オートミール3食分(90g)に適当に水を入れてレンジへ。一分加熱したら味噌・ソイプロテインと混ぜる。
そこへ適量の茹で鶏を加えて握る。完成。



仕事のある日。朝。


弁当箱はジップロックスクリューを使っている。汁漏れしない。最強。
今は一番小さいのが3つとそれより一つ大きいサイズが1つで回している。
ただし、小さいの一つはヒビが入っているため、ご飯専用容器となっている。

ご飯、味噌玉を一つずつ。
そして冷凍していたおかず。茹で鶏。たんぱくおにぎり。以上。
これで弁当の出来上がり。
なお、たんぱくおにぎりは大きいもの、小さいもの二個を用意し、朝ご飯と午後の間食とする。



ご飯は冷凍したまま持っていって、食べる前に電子レンジへ。夏場も全く傷まないどころか冷房あるので溶けきっていない。
味噌玉は、お湯を注いで混ぜて味噌汁の完成。出汁をきかせているので美味しい。隠し味で楽しくなったりする。
おかずはタッパーの形で凍らせてあるので楽になった。ご飯と同じくレンジへ。温まったら茹で鶏と混ぜて食べる。



これらで基礎代謝分にちょい足しの栄養は取れます。
一時期はゆで卵を主食かというくらい食べていましたが、胸肉を食べるようになったので卵は買わなくなりました。脂質の節約にもなりますし。


私は今日も生きています。