ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

日常

旅が日常だった頃があります。 大きなバックパックを抱えて、飛行機や列車やバスに乗っていればそれが旅でした。 私はもはや消えかけているバックパッカーの最後の方の一人でした。 いつも街や町に溶け込めないことが当たり前で、自分の中に値段の基準をつく…

情けは

職場に、先輩のWさんとIさんがいます。 Wさんは何でも出来る人で、Excelを使いこなし資料を完璧に作り抜群の記憶力を持っています。 Iさんはミスの多い人です。間違った資料や確認不足のファイル、それらは枚挙にいとまがなく、先輩のWさんにいつも指摘され…

逃げ続けて

昔見たニュースでは、子どもの自殺が一番多いのは9月1日だと言っていました。 中学2年生の頃、私は教室に入りたくなくて別室登校をしていました。 別にいじめも受けていかったけれど教師のあの暗い雰囲気が嫌いで、今思うと我儘だったのかもしれないです。け…

コロナ感染の記録

新型コロナウイルス感染症に罹患したので、その記録など。 私はものすごく軽症で、本当に運が良かったです。 体感としては、これよりもひどい風邪もひいたことがある程度。一貫して食べれて自由に動ける。味覚・嗅覚の障害なし。後遺症は残らないことを祈り…

松本侑子氏の赤毛のアン

1993年集英社の松本侑子氏訳「赤毛のアン」を読み終わりました。 訳注が充実していて、色々な言葉の解説、出典が豊富で満足感が高いものでした。村岡花子氏の訳では省かれている部分も訳されているので、少し不思議に思っていたところや不自然だと思っていた…

自傷行為

他人のことは知らない。けれど、私は時々、食べることを自傷行為として使うことがある。 大学生の頃、ゼミに行くことがとても苦痛で、お菓子をたくさん食べて食べて胃に詰め込んでいたりしました。 お酒を飲んでお菓子を食べてお腹がはちきれそうになるまで…

歳をとる日々

飛び込んでみた世界は意外と快適かもしれないし、窮屈かもしれない。けれどやってみなければ自分に向いているかなんて分からない。 そんな選択を怖がらずに続けていける自分でありたいと願うのは、歳を取って変化を恐れる自分にも気付いているからです。 あ…

自由の檻

私は昔から自由に生きたいと願っていて、自由に振る舞っているように周りからも見えていて、大人になったら母みたいに独立するのだろうと昔から自分でも思っていました。 それは独立したいと思っていた訳ではなくて、私の性格では企業で生きていくのは大変で…

タスキメシ@額賀澪

陸上部と料理研究部の高校生を描く額賀澪著「タスキメシ」。 久しぶりに、本を読んで泣きそうになりました。 沁み入ったのが、上に立っていく人間の、期待や責任や重圧を描いた言葉でした。 「どんな世界だって、上に行く奴っていうのはそういうものを無理矢…

選ばれる自分に

小田嶋隆氏の「小田嶋隆のコラムの切り口」という本を、パラパラめくっては読み、めくっては読みとしているうちに一冊読み切ってしまいました。 その中でも、とても良いなと思ったページがありました。 サラリーマン一年生の時、私は、そのまま会社をやめて…

妹との未来

妹を、将来嫌いになるかもしれないと恐れています。 私の妹はマイナス思考で、プラス思考な私とは正反対です。何でも重く捉えて自分のせいにする子です。 それでも私は彼女を愛していて、仕事で精神的に病んでしまった時も体の病気で休職した時もそれなりに…

私のアン、私のものだったアン

赤毛のアンシリーズを全て読み終えました。 名作は、名作だから読み継がれているという理由をはっきりと知ることのできた小説でした。しかし、他人に勧めて全部面白いよ!と言えるかと問われればそうでもなく。 1〜3巻をぜひ読んで欲しい、それから「アンの…

体と生きてます

最近、まつ毛が伸びてきたなぁ〜、まつ毛美容液の成果がようやく……と思っていたのですが、ふと気付いてしまいました。 たぶん、プロテインの効果です。 プロテインを本気で飲み始めて3ヶ月半が経ちました。 筋トレ後の夜はホエイプロテイン、日中は1〜3杯の…

頑張りました

この3週間よく頑張りました。部長の理不尽な指摘にも耐え、自分もコロナに感染しているかもという恐怖と共に、リモートワークは全てなくなりながら先輩がコロナに感染して増えた仕事をこなし、打ち合わせに参加し、ひたすら資料を作成し、体調が悪いのに出勤…

ごめんなさいに疲れる

先週は疲れました。 同じ部署の先輩がいっぺんに2人コロナに感染し、仕事量も少し増えました。 それは良いのです。私だっていつ感染するか分からない。お互い様です。 けれど仕事以上に疲れたのが、ペアで仕事をしている先輩が、ごめんなさいをずっと言って…

ウォルターと戦争

ロシアとウクライナのことが話題になり始めた頃、私は「アンの娘リラ」を読んでいました。(モンゴメリ著・村岡花子訳) 第一次世界大戦が始まった作中の世界が、現代の世界と繋がって、辛くて辛くてしょうがありませんでした。 アンには6人の子どもたちがい…

筋トレ9ヶ月

筋トレの経過を記録します。 筋トレを始めて9ヶ月。プロテインを本格的に飲み始めて2ヶ月。カロリーの意識を持ち始め、かつ砂糖断ちを始めて1ヶ月。 プロテインを飲み始めたからか以前よりもきちんと筋肉がつき始めた気がします。 カロリーをきちんと意識し…

アンの幸福・アンの友達

私にとってアンは、その少女時代こそ光り輝くものであったのかもしれません。 期待に満ち満ちて読んだ5巻は3巻までのときめきをもたらさず、感動をおぼえられなかった自分にいささかがっかりしています。 風景や心の描写が大変好きなので、手紙が多く出てく…

今回の鬱期と今日について

最近本当に他人と話したくなくて、鬱期にいるようです。 仕事ではスイッチが入っているので全く普段通りに見えていると思いますが、ちょっとびっくりするくらい今日は何にもやる気がなくて食べたくなくて一日を終えようとしています。最近ダイエットをしてい…

私の大好きなアン

赤毛のアンシリーズにどんなに私が心が奪われ捕われているか、どう書いていいのか迷うほどです。 私の伝記を書くとしたらこの本に触れずには話が進まないほど、人生に影響を及ぼした本のうちの一つになることはまず間違いありません。 私のアンは今朝方プロ…

新しい1年に

新しい1年に、誓っていることがあります。 絶対に後悔しない1年にすること。 7月に、会社の制度に応募しようと思っています。 合格できれば、最短で来年の4月から海外で働けることになります。 この場所で過ごす最後の4月や最後の10月がやってきて、私は荷物…

【モンゴメリ】赤毛のアン

赤毛のアンを読みました。モンゴメリ作、村岡花子訳。 昔子どもの頃、アニメで見た時は心惹かれませんでした。おしゃべりで想像力豊かな女の子に魅力を感じなかったからです。 それは今思い返してみると、自分自身に近かったからかもしれません。 27歳になっ…

彼女の手紙から

昨日、たまたまTwitterで、アンジュルムの笠原桃奈さんが卒業したことを知りました。 ……こう書いてはいますが、私はアンジュルムも笠原桃奈さんのことも何一つ知りません。ご本人とファンの方には申し訳ないのですが、存在すら初めて知ったのです。 私にとっ…

好きなアルコール

酒で酔い過ぎた人間が嫌いなのだと思います。 だから私は、我を失うほどお酒を飲んだことがありません。お酒に飲まれたこともありません。記憶を失ったことも吐いてしまったことも二日酔いも。 楽しい飲みの場でも、飲み過ぎるとセーブしますし自分が酔っ払…

憧れの果て

幼児と呼ばれていた頃、歌手になりたかったです。 歌うことが好きでしたし、何よりもテレビの中で歌っている人はとても楽しそうでした。 小学生向けの本を読んでいた時、お姫様に憧れました。 金銀財宝、キラキラ光るアクセサリーにふんわりしたドレス。最後…

楽しい日

昨日とは打って変わってちゃんとした一日です。 朝起きて洗濯と掃除をしてお風呂に入って、髪を綺麗にして、手の爪を削って、足の爪を切って色をのせて、顔をマッサージして、今はメンテナンスがてら防災ラジオを充電しながら番組を聴いています。お腹が空い…

今日

今日、どんな過ごし方をした人も誇ってください。 私よりは意義のある一日だったと保証します。 セルフネグレクトってこんな感じかなと思う程度には、自分のためにならない休日でした。 お風呂も入っていないし顔も洗っていないし、顔のマッサージも筋トレも…

抗わぬ自由でも

「私は年をとっているから」。 それが口癖の人がいます。 私が筋トレを始めて身体が変わっていくのを見て、マッサージをして顔が変わっていくのを見て、旅をしてきた話を聞いて。 全てにおいて自分の年齢のせいにする人がいます。 「私は年をとっているから…

会社のこと

転職して2年になります。 未来の私が今の会社に絶望した時のために、書き残しておこうと思います。 今の会社を選んだのは、随分消極的な理由だったと思います。 選考に落ちて落ちて落ちて。もうあとは引越しをしなければと考えていた時に、合格したのです。…

救われて生きてきた

中川家に救われたことがあります。 前職は職場にいるのがとてもとても辛くて、毎日会社に行くのが憂鬱で、営業先からよく思われていないのを肌で感じていて、自分が社会の役に立っていないのが何よりも辛かったです。 そんな時、中川家が好きになりました。 …