ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

文章

タスキメシ@額賀澪

陸上部と料理研究部の高校生を描く額賀澪著「タスキメシ」。 久しぶりに、本を読んで泣きそうになりました。 沁み入ったのが、上に立っていく人間の、期待や責任や重圧を描いた言葉でした。 「どんな世界だって、上に行く奴っていうのはそういうものを無理矢…

選ばれる自分に

小田嶋隆氏の「小田嶋隆のコラムの切り口」という本を、パラパラめくっては読み、めくっては読みとしているうちに一冊読み切ってしまいました。 その中でも、とても良いなと思ったページがありました。 サラリーマン一年生の時、私は、そのまま会社をやめて…

私のアン、私のものだったアン

赤毛のアンシリーズを全て読み終えました。 名作は、名作だから読み継がれているという理由をはっきりと知ることのできた小説でした。しかし、他人に勧めて全部面白いよ!と言えるかと問われればそうでもなく。 1〜3巻をぜひ読んで欲しい、それから「アンの…

ウォルターと戦争

ロシアとウクライナのことが話題になり始めた頃、私は「アンの娘リラ」を読んでいました。(モンゴメリ著・村岡花子訳) 第一次世界大戦が始まッタ作中の世界が、現代の世界と繋がって、辛くて辛くてしょうがありませんでした。 アンには6人の子どもたちがい…

アンの幸福・アンの友達

私にとってアンは、その少女時代こそ光り輝くものであったのかもしれません。 期待に満ち満ちて読んだ5巻は3巻までのときめきをもたらさず、感動をおぼえられなかった自分にいささかがっかりしています。 風景や心の描写が大変好きなので、手紙が多く出てく…

私の大好きなアン

赤毛のアンシリーズにどんなに私が心が奪われ捕われているか、どう書いていいのか迷うほどです。 私の伝記を書くとしたらこの本に触れずには話が進まないほど、人生に影響を及ぼした本のうちの一つになることはまず間違いありません。 私のアンは今朝方プロ…

【モンゴメリ】赤毛のアン

赤毛のアンを読みました。モンゴメリ作、村岡花子訳。 昔子どもの頃、アニメで見た時は心惹かれませんでした。おしゃべりで想像力豊かな女の子に魅力を感じなかったからです。 それは今思い返してみると、自分自身に近かったからかもしれません。 27歳になっ…

好きな文章たち

何度も、読み返す文章があります。 今の私が、好きな文章と言われた時に思いつく文章たち。 最後の一文が、どうしようもなく好きです。 とてもあたたかい気持ちになれる小説。 18禁だけど!描写もそんなにないので!というか家族の物語だから! 30回は読み返…

働いている私の願い@「働かないふたり」

例えば、なぜ生きていかねばならないのかと自問自答してしまう日。 例えば、もう何もかも面倒くさくて、一生笑えないんじゃないかと思ってしまう日。 例えば、上手くいかなかったことばかりが思い出されてしまう日。 ただ、自分の中にいる泣き虫な自分と手を…

WEB漫画(無料) おすすめの5作品

自信を持っておすすめできる、しかもネットで無料で読めてしまう漫画をご紹介します。 ○働かないふたり (働かないふたり@吉田覚) 題名の通り、働いていない兄妹のお話。世の中悪いことだけでも悪い人ばかりでもないと思えてくる、やさしいお話。 キャラが…

【原田マハ】楽園のカンヴァス

いつまでも続くような物語が好きです。 小説の最後、「で、どうなったの?」が分からない作品が好きです。 彼女はどこまでも歩き続けられる気がした、とか見上げると青い空が広がっていた、とかとにかく、その後どうなったかを読者に任せるような、そんな結…

自分探し

【たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私を攫つて行つてはくれぬか】[俵万智さんのエッセイでこの歌が紹介されていて、河野裕子さんを知りました。それから気にはなっていたのですが、エッセイ集を図書館で見つけたので読んでみました。 「わたしはここよ」…

星との距離について

「星のようにあってほしい人がいます。常に変わらず輝き、不安になったり迷ったとき、見上げればただそこにいる。近づくことはないけれど、遠ざかることも決してない。 求めるのは、星の距離感。」坂木司さんの小説『夜の光』の“あとがきのような献辞”にこん…

【柚木麻子】その手をにぎりたい

私はバブルを知りません。私が生まれた時から今まで、華やかな好景気は訪れていません。聞こえる言葉はリーマンショック、不景気、就職難。 だから、私はバブルが実際にあったことという感じがしなくって、どこか夢物語のようにも感じてしまいます。 けれど…

【坂木司】夜の光

星を見るのが、昔から好きです。月と星の、大きいはずなのに小さく見える距離。遥か昔から届く光。自分がちっぽけだと思い知らせてくれる、とてつもなく大きなものを見ると安心してしまうのは、なぜなのでしょう。大きな未来には、怖れを感じてしまうという…

【柚木麻子】嘆きの美女

大学の友達のMちゃん、ものすごく美人なんです。もう、とんでもなく。間違いなく、私が今まで見たことのある人類の中で一番美人です、彼女。そのMちゃん、先輩に贔屓されてるとか優遇されて当然と思ってるとか、先生に取り入ってるとかそんな類の噂が私の耳…

【伊坂幸太郎】火星に住むつもりかい?

伊坂幸太郎さんの「火星に住むつもりかい?」をご存知でしょうか。最近私が読んだ本の中で一番ショックだったというか影響を受けたというか、とにかくすごい引力を持つ作品でした。一言で感想を述べると、怖い、です。一文だと……、こんな国になったらと思う…

才能があるという平凡

今日お仕事してきたあとにブックオフに寄ってきたんですよ。ここ最近ずっとなんですけどね。で、唯川恵さんの本ということは覚えてるんですけど、本を読んできたんですね(題名覚えてない)。ああ、ブックオフに行ったら本しか読めないか。他に何読むんだよっ…