ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

夢の話

個人的なこと

もう1ヶ月も前のことなんですが、見た夢が忘れられないので記録しておこうと思います。


夢の始まりは、S先生とSゼミ生のMと私の3人でどこかにいたところでした。
既に用が済んでいたので大学に帰るところだったんですけど、S先生に寄って行く所があるから先に帰っておけと言われたんですね。さらに、先生宛ての荷物が届いているはずだから受け取っておいてくれと言われたのです。


そこで、私とMは先生の研究室(大学の先生個人の部屋)に戻ってから荷物を探し回ったんです、学校中。今考えると研究室で待ってろよという感じなんですが(笑))
でも荷物は全く見当たらず、へとへとで研究室まで帰ったんです。研究室へ戻る途中、Mはトイレに寄りたいと言うので一人で研究室の前まで行くと、綺麗な女の人がいました。


聞かなくても何故か分かったんですけど、先生の元奥さんの愛人だったんです。
……合ってます、文章。先生の元奥さんの愛人です。


私がお辞儀するとお辞儀してくれました。髪の長い本当に綺麗な女性でした。
それから私はその人とお茶を飲みました。ソファが二つある部屋の窓側に私は座っていました。
私が連絡先を聞きたいと言うと、「いつ連絡してくださるの?」と手を口に当てころころと上品に笑っていました。本当にお嬢様といった感じで。
私が「え、えーっと……海外に行くので10月くらいになると思いますけど」と言うと、今度はニコニコと微笑みながら私を見つめていました。


そこで場面は飛び、私はMと研究室で荷物をハラハラしながら待っていました。もう研究室で待とうと決めたのです。
やっと荷物が届き、男の人から受け取って私がサインして。
何が入っているのか気になり開けると絵本がぎっしり。それはS先生の中学校の卒業制作でした。


当然見たい!となり、緑の背表紙が並んでいる段ボールの中に、S先生の名前を探しました。
すると、Sという苗字がそれはたくさん並んでいたのです。8~10冊程。Sさん多過ぎ!と笑いながらS先生の絵本を抜いた時、Mが時計を見て「授業が始まるから行かなきゃ」と言い、「授業中に読むから持って行く」と絵本を持って授業へ向かったのです。


私は研究室で、S先生が帰ってきたら何て言おう、早くM帰って来て、と考えてドキドキしていました。
恐れていた通り、しばらくしてMがまだ帰って来ていないうちに先生が帰って来て、荷物は届いたかと聞くのです。
私が何と答えようかとあたふたしていると、そこにMが帰ってきました。絵本を見えるように持って。
どうしよう……と思ったところで夢は終わりました。


一番面白かったのは、結婚歴もないS先生を離婚させた挙句、元奥さんの愛人が女の人というところ。あり得ない話ではないんでしょうけど。起きてから一番笑いました。
それから、卒業制作が絵本でしかもSさんがたくさんというのも思い出して何度も笑ってます。石を打てば当たるほどSさんは多い、と先生が以前話してたのが元になっているんでしょうけど、Sさんがクラスに10人もいるなんて考えたら可笑しくて。


また夢の話。
最近本当に夢をよく見るんです。昨夜も便器の夢見ましたし。
でも昨夜の夢は半分くらいは忘れてるのに1ヶ月以上前のこの夢は覚えているなんて、変な話ですよね。