ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

逃げ続けて

昔見たニュースでは、子どもの自殺が一番多いのは9月1日だと言っていました。
中学2年生の頃、私は教室に入りたくなくて別室登校をしていました。
別にいじめも受けていかったけれど教師のあの暗い雰囲気が嫌いで、今思うと我儘だったのかもしれないです。けれど、そのことで、今まで後悔したことなんてありません。

何度も言われました。
社会に出た時やっていけないとか、逃げたら駄目だとか。先生たちは入れ替わり立ち替わり私を諭しました。私はただ、うるさいなと思っていました。
あの時も、今でさえそんな言葉たちに耳を貸す気はありません。
逃げて逃げて逃げ続けて、私は、ちゃんと幸せに暮らしています。


嫌なことからは、逃げて良いと思います。
ただ、何もしない逃げを選んでしまうと、いつか自分が苦しんでしまう気がします。だから、代わりになるものをしていた方が良いとは思います。
私は教室からは逃げたけれど、きちんとテストは受けていました。
大学時代はゼミが嫌いで嫌いで、休学したのはそこからの逃げですが、海外を旅したのは良い思い出と経験になりました。
就職する時も苦手な分野は選ぼうとしなかった結果、出来ることを伸ばして今は得意のエクセルの技術を存分に生かして楽しく仕事ができています。


だから、何かプラス1が自分の中で出来ているなら、逃げても問題ないというのが持論です。
逃げることで心が健康になるなら健康はプラス、逃げることで新しいものが見えるようになればプラス。
人生は意外に長く、意外な側面を皆持っているなので、少しくらい変わったことをしていても大丈夫です。



私は、これからも逃げ続けると思います。
嫌いなものは視界に入れようとしないと思います。
将来の自分が困らないのであれば、それも私なりの正しい人生の過ごし方です。