ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

歳をとる日々

飛び込んでみた世界は意外と快適かもしれないし、窮屈かもしれない。けれどやってみなければ自分に向いているかなんて分からない。
そんな選択を怖がらずに続けていける自分でありたいと願うのは、歳を取って変化を恐れる自分にも気付いているからです。



あと半年で28歳になります。
ここ1年で実感しているのは、新しいものに興味を示せなくなったことです。
私は3ヶ月毎にブームが来て、はまっては飽きて次のものを見つけて深くはまっては飽き、ということを繰り返しています。それこそ1歳の頃から。(母の証言によると。)
最近は、そのブームが来るのが遅いのです。ブームとブームの間にぽっかり空いた空白期が長くなってきました。
もう何に対しても夢中になれることなんてないのではと思ってしまう期間はこれまでもあって、そんな心配を他所に次々とブームは訪れていたのですが、空白期が長くなってきているのです。
これが、歳をとることかと思っています。
20代の前半と後半だけでもこんなに違うんだなと怖い気持ちもあります。

体力がなくなってきていることは心にも影響を与えるし、心にも元気がなくなっていくのが歳をとることなんだと日々学んでいます。
新しいことにチャレンジする、元気や余裕がなくなってきたのが自分でわかります。
だからこそ私は焦っていて、このままだと、世の中の何にも興味を持てずに一人で死んでいく姿が見えます。


本当は、体も心も成長してるって信じたいし、事実筋肉は今過去最高に私の身体に育っているし過去最強に今の私は優しいです。そんな自分もいます。
けれど、疲れているのかなとスルーしていたような小さな変化はいつの間にか日常になっていて、積み重ねると変化が大きくて、今は小さな変化にも怯えている部分があるのも本当で。




幼い頃、流行りの曲や流行りのものを知るにはただテレビを見ていればいいのにと思っていました。新しいものを自分の中に入れるのが疲れることになるなんて、思いもしませんでした。
好きなものを好きでいることが、実はエネルギーを使うことだなんて知りませんでした。
余裕があるからこそ、仕事と生活以外のことを考えられるのだと心から思い知りました。



歳をとるのって怖いんですね。
知りませんでした。
新しい自分を知るのは楽しみだけれどものすごく怖い。そんな日々です。