ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

ごめんなさいに疲れる

先週は疲れました。
同じ部署の先輩がいっぺんに2人コロナに感染し、仕事量も少し増えました。
それは良いのです。私だっていつ感染するか分からない。お互い様です。
けれど仕事以上に疲れたのが、ペアで仕事をしている先輩が、ごめんなさいをずっと言ってきたことでした。


感染が分かって、週明けにLINEで連絡が来て。ごめんなさいと明日は仕事が大変だから絶対働きますというメッセージ。次の日は明日は頑張るというメッセージ。その次の日は、体調が良くなったということでリモートワークのためメールでメッセージ。


ごめんなさいは、疲れます。
そんなことないですよ、無理せずに仕事してください、お大事に。そんな言葉たちのバリエーションは少なくて、返信のあとありがとうございますなんて言われて。
ごめんなさいを言われるのも、それに対して優しく思われるであろう返信を考えるのにも疲れました。


心配だけれど、メッセージなんか要らないからゆっくりして欲しいと思っていました。
ゆっくり休んで欲しいのは本当で、自分もいつ感染するか分からないのに迷惑なんて思っていないから、体調をゆっくり戻してくれれば良いのに無理してそうなのが心配で。ご迷惑お掛けしました、体調良くなったので明日からよろしく、ぐらいで良かったのにと思いながら、それでもそうはいかない気持ちは分かるんです。


そんなこんなで疲れました。
謝るのは楽だけど、それはいいよという言葉や行為を相手に期待しているもので、相手にも何かを負担させてしまうことなんだなぁと思いました。
もちろん場面や行為で異なることはあるにせよ。
最低限の謝罪で生きていけるようになりたいけれど、皆そこまで図太くないから、お互い様で私も頑張ります。
ただ、疲れることは許して欲しい。そんな一週間でした。明日からも頑張れるかな。