ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

これはレスポンス

ここ一年以上、コロナを理由に大いに引き籠もるようになりました。
もともとの引き籠もり体質のおかげで、とても快適です。家にいる罪悪感を感じなくて良くなったのですから。
でも、だから、先月の私が何をしていたのか。半年前の私が何を考えていたのか、一年前の私と何が違うのか、分からなくなっているのです。確かに存在していたはずの私たちを。


だから、最近ふと思いついて、ブログを更新してみることにしたのです。



文章を書いてみたところで、何も変わらないのは分かっています。
けれど、以前の自分の文章を読んでいて面白いのです。
文章が下手くそだったり。これ好きだなと思う書き方だったり。こんなこと思ってたなと思い出したり。共感したり。書いた記憶が全くなかったり。今とは全然違ってたり。恥ずかしくなることを書いていたり。

それでも、全部残していたいのです。
私の、足跡。
自分の考えた跡を、歴史を、残していきたいと今の私は考えています。
誰が得する訳でもなく、ただ私が遥か向こうから振り向いた時に。その時に、ここを確認できるように。



私は知りたいのです。
以前の私が何を考えていたのか。何を考えていなかったのか。日々起きた小さなこと。今と違うこと。これからもきっと同じなこと。
未来の私に応えるため、書ける限りは書いていこうと思います。例えば、綺麗な雲が見えて写真を撮ろうとしたけど上手く撮れなかった、というようなことを。今年の私は十五夜の月を見ていなくて、団子も食べていないなんてことを。



数字は気になってしまうし、喜んでしまうことに変わりはないけれど、自分のためということも忘れずにいたいです。