ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

聞こえてはいけない

考想化声。
この言葉をご存知でしょうか。

自分の思考が声として聞こえる、という症状で統合失調症の典型的な症状なのだそうです。
私は今朝この言葉を知ってぞっとしています。

私は、私の耳には、私の考えや読んだ文章が、音として届いているのです。

tyuruyuuka.hatenablog.com

tyuruyuuka.hatenablog.com

tyuruyuuka.hatenablog.com



昔から、私は思考が止まることがありません。
他の人には、頭の中が無音だったり何も考えていない瞬間があると知った時、とても驚きました。
私の場合、意識がある限り、常に何かを考えています。目に入ったもの耳に聞こえるものへの感想、休日をどう過ごすか、仕事の段取り、友達にいつ連絡するか。
そしてそれらの思考は声として私の頭の中に響いているのです。頭の中でずっと考え続け、その考えは声として聞こえ続けているのです。
これはもうずっとずっと、私の中に「意識」というものが芽生えてから変わらなくて、それなのに、普通のことではなかったなんて。



文章を読んでいる時も、正確には私は「聞いている」のです。目が追っている文章が声として私の耳の中に響いてくる。それを聞いて私は文字を理解しています。それによって読むのが遅くなるということはなくて、むしろ早い方です。
この文章を書いている時も、私は私の書きたいことを文字の打ち込みと同時に読み上げています。聞き取って書いている、という表現が近いでしょうか。
音楽が頭の中で流れている時は、並行して自分の思考も声として聞こえます。
歌う時は、頭の中に声やバックコーラスや伴奏が流れていてそれに合わせています。



そしてこの記事を読みました。
頭の中で常に考えていて、そしてそれが声として聞こえるというのは、やはり、健常ではないらしいです。

小島慶子さんがADHDの薬を服用し、驚いた感覚。「みんなこんなシーンとした世界に暮らしているの?」(withnews) - Yahoo!ニュース



しかるべき病院で検査を受けたら、私は病気か発達障害なのかもしれません。
けれど変わった人間であると言われながらも面白がられ、それなりに会社でも評価をしてもらい、コミュニケーションに長けていると言われる私にとっては、どうも納得がいきません。
これは私の性格が良かったのか環境が良いのか育ち方が良かったのか単に軽度なのか。いずれにせよ幸運なことには間違いありません。



とりあえず、この思考と共に今日も生きていかなくては。
気が向いたら、検査を受けてみてもいいかもと思っています。