ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

もしもしの会話

また、熊本へ電話を掛ける。


待ちうた地震前と同じなだけで泣けてくるのに、それでも、また次の人へ電話を掛ける。

『もしもし』

憔悴しきった声がまた聞こえる。
私は、名を名乗る。
一瞬ののち、理解した相手の声が少しだけ明るくなる。それで、また泣きそうになる。


「無事ですか?怪我ないですか?」
私にはそう聞くことしか出来ない。


『だご揺れたけんね。家ん中おったつたい、慌てて外出たもん』
今、彼女は車の中で生活している。家にはひびが入ったらしい。
『大事なものは、まとめとったがいいよ』


『なん泣きよっとよ』
その笑い声にまた泣ける。そういう彼は、家を失った。
『命はあるけん、大丈夫よ』


『なんさん、怖いとよ』
その繰り返しに、涙が次々に流れる。いつもキリッとした、力強い女の人だった。
『避難所、人が溢れとるつたい。足も伸ばせんと』


『水って大事だったんね』
近くの大学に避難した友達は言う。一家族に、一つのおにぎりしか配られなかったらしい。
『今いるとこは、指定の避難所じゃないつたい。支援物資があんまり来んつたいね』


震度6強ってマジやばいけん』
うちのタンス、おかんが支えよったと友達は言う。食べ物確保するために走り回っていると笑う。
バイト先でね、食べ物貰えるもん。めっちゃ助かっとるよ』


だんだん、次の電話番号を探すことが出来ないくらい嗚咽が酷くなっていく。
でも、電話の向こうの人はほとんど泣かない。安全な場所にいるから泣けるんだと思うと、それも辛くて、やっぱり泣けてくる。

テレビには、見知った場所も映る。私はそれだけでも泣ける。いつから、私は泣き虫になったのだろう。

泣くのは、私じゃない。でも、もう少しだけ泣かせて欲しい。

「頑張らなくていいから、無事でいてください」