ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

「大人の条件」

個人的に考えている『大人の条件』というものがありまして。

もちろん、そんなことを考えているのは自分が大人じゃないからなんですがw

その中の一つに、「年下に敬語を使える」というものがあります。


バイト先のHさんは、年齢もバイト歴も私よりずっと上なのにも関わらず、私に対して敬語を崩しませんでした。


同じくバイト先のNさんは誰にだって腰が低くて、敬語とタメ口を絶妙にミックスした丁寧語でよく笑わせてくれました。


ご馳走してもらった先生にお礼のメールを送ったら、丁寧すぎる返信がきました。


うちの大家さんは2年経った今でも私に敬語です。


年下だと敬語でなくなる店員さんを見ると、子どもながらイラッとしていました。
プロ意識に欠けると思っていたんですね。

年下に敬語を使っている人の中に嫌いな人はいません。皆大人で、素敵に見えます。
自分の足りないところを認めて、それが出来る人に敬意を表す。それが敬語に表れているからでしょうか。


だから、私もそうなりたい。
敬語って、年上だけじゃなくて、年下にだって大切だから。