ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

おいしかったとは言っていない〜もしくは粘土クッキーとバレンタインの話〜

中学2年生だったバレンタインデー。

ある女の子が、同学年の部活動生に友チョコをくれました。女ばかりの部活で、人数も少なかったですしね。

チョコレートとプレーンの二種類の味のクッキー。ラッピングも、可愛くて女の子らしいものでした。


f:id:tyuruyuuka:20160214094800j:plain


その日は土曜日だったのでお昼に家に帰り、お昼ご飯のあと頂きました。


しかし、先に食べた家族が無言。どう?と聞いても、うーん……という微妙な返事。ん?と反応を疑問に思いながらも食べると。

……えーと、うーん……、と言うしかない味ってあるんだなぁと。生焼けというか、甘くないけどどうなのというか、そもそも味あるか?というか。

「試食したんだろうか……?」お母様それは言わないであげてください。



その次の日。「○○〜!クッキーありがとうね!!」と大声で言った子を皮切りに、皆口々に「ありがとう」とお礼を言いました。


……しかし。私は気付いてしまいました。誰一人として「おいしかった」と言ってなくないか……?(えぇ、勿論私も言っていませんでしたけどね)



で、隣にいた子に

「ねぇ、昨日の○○に貰ったお菓子さ、……」

と言葉を濁したところ、

「うん、……なんか……あれだったね……」

とやはり言葉を濁され、頷きの視線を交わしたのです。

「さっき、おいしいって言った人いなかったからさぁ、あれ?って思って」
「去年のカップケーキも、なんか、あれだったんだよね」

言葉を濁しまくりながら会話を交わす私たち。

「ほら、Rなんてさ、昨日食べて『粘土みたい』って言ってたらしいよ」

マジですか、そこまで言いますRさん?あなた一番大声でお礼言ってたのに怖いですよ。まぁあなたは毒舌だし気持ちは分からんでもないですがね。



その一週間後、お菓子作りの得意な子が配ったブラウニーに対しては、皆きちんと「おいしかったよ!」と言ってました。いや、本当においしかったので……。



これ以後、バレンタインデーとホワイトデーの前日には、しすぎるほど試食をし、家族に何度もチェックを頼むようになった私です。



粘土クッキーの彼女は女の子らしいことが大好きだったので、たぶんあれからもバレンタインデー毎にお菓子を作っていると思います。味について指摘できた人はあれからいたのでしょうか。心配です、色々なことが。