ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

【中島みゆき】4.2.3.

『4.2.3.』というタイトルから、私はペルー日本国大使公邸占拠事件(1997年)を連想できない。
物心ついていない頃だったから。
それからもう一つ。
日本社会がこの事件に触れないから。


中島みゆきのこの歌を知ったのは偶然だった。
でも、この時期に知れたのは必然だと思えるほど、衝撃を受けた。
ペルー特殊部隊が強行突入して、人質を解放した4月23日がこの歌の由来。
この歌の最後の方に、こんな歌詞がある。


「この国は危い
何度でも同じあやまちを繰り返すだろう
平和を望むと言いながらも
日本と名の付いていないものにならば
いくらだって冷たくなれるのだろう」


衝撃だった。頭を殴られる、というより、頭の中から頭を殴る何かの音が聞こえた。
20年前に、この国の姿を言い当てている人がいたのだと思った。
日本人以外と、日本人の違いはなんなのだろう。
日本で育ったこと?
日本語が分かること?
日本の文化を知っていること?
国籍が日本なこと?
では、これらを満たしていて、日本人でいたくないと思っている私は?


この歌のなかで、兵士は黒い蟻に例えられている。
この蟻という比喩。
黒くて、小さくて、働き者の蟻。
その存在に気付けない人が、嬉しそうにリポートする。
私は、私たちは、足元の蟻にも気付けないのに、故郷の何を語るのだろうか。


私は、白より、黄色より、黒い蟻がいい。