ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

ちゅるゆーかの頭の中を晒すブログ

出会わなければよかった人などないと笑います。

内定承諾前々夜

(実際に私が第一希望の会社の社長へ送ったメッセージ。固有名詞以外は全てそのまま。)株式会社K社 K様 お世話になっております。ちゅるゆーかです。 お返事遅くなり申し訳ございません。 また、先程は突然お電話で失礼いたしました。 説明会のあと、4月に…

嫌いなもの一覧

就活の自己分析の一環で、嫌いなものを100個挙げてみてと言われました。 せっかくなので、ついでながらここに晒しておきます。 押しつけられること 強制 無理矢理 ぶりっ子 点々の付いたノート カビ 雨 男性の中途半端な長髪 男性のネックレス 男性が眉を整…

好きなもの一覧

就活の自己分析の一環で、好きなものを100個挙げてみてと言われました。 せっかくなので、ついでながらここに晒しておきます。 中島みゆき 吉田拓郎 THE ALFEE S先生 風 空 天気が良い日 パソコン 漫画 低反発枕即断即決 テレビ サンドウィッチマン 青色 大…

未来のイスタンブールから

昨日載せた記事(過去のイスタンブールより)は、もう半年も前に書いたものだ。日付を逆算すると、9月4日〜6日に書いたものだと思う。 過去の私に、言いたいことがある。 今の私は幸せです。 あなたが懸念していたゼミ生との距離はだいぶ近いものです。東京…

過去のイスタンブールより

イスタンブールが好きだ。 泊まっているホステルはちょっと暗くて階段が急で夜になると音楽がうるさいけれど、この街の雰囲気が好きだ。トルコ人が好きだ。 久しぶりに心から好きだと思える国と会えて嬉しい。 旅が終わる。あと3回ここで寝たら私は日本に帰…

【原田マハ】楽園のカンヴァス

いつまでも続くような物語が好きです。 小説の最後、「で、どうなったの?」が分からない作品が好きです。 彼女はどこまでも歩き続けられる気がした、とか見上げると青い空が広がっていた、とかとにかく、その後どうなったかを読者に任せるような、そんな結…

田舎者の空

ギリギリで電車に乗って、ドアの近くにいました。 一駅目で何人かが降りていった時、よろめいて手すりに掴まろうとしたら、降りようとした人の邪魔になったらしく押しのけられました。私を押しのけたその人は、何事もなかった顔でエスカレーターを降りていき…

ストッキングに夢は入らない

今上京しています。東京という場所に私だけの小さな空間を持って早20日たちました。 上京の理由は就職活動というシンプルなものです。 面接とか説明会とかで一緒になった大学生たちに聞くと、就活辛いってよく聞きます。 でも私は辛いことなんて全然なくて、…

料理長のこと

時刻は4時半でした。時間はもう朝と言って良くて、でもまだ真っ暗な時刻。息だけが白くて、寒くて。扉を閉めた料理長を振り返ると、煙草の火だけが動いているように見えました。 料理長と呼んでいる、私の店の店長について書いてみようと思います。 料理長は…

理系男子のご報告

今日のゼミで例のHくん――私がちょっと気になっている男の子――と会いました。というか一緒に会議してたみたいな。……いや正直に言いましょう。会議してるなう。その場で聞いてるだけでnote書いてる私。この時点で普通に彼にも嫌われそうwそれはまぁ置いといて…

募集中です

ちゅるゆーか23歳、彼氏が欲しいです。 彼氏が欲しいなんてことを考えているのは人生で初めてで、私は自分自身の考えに驚いています。 ずっと余裕がなくて、自分自身のことだけに精一杯で、だから恋なんて彼氏なんてそんな余裕ないと思ってきたのです。でも…

「時間軸」で生きる

カザフスタンで出会った人とLINEをしていて、その人がこんなメッセージを送ってきました。 「同じ時間軸を生きてると思えない。砂漠に生きてる人も、大都会に生きる人もみんな同じ24時間だけど、時間軸絶対違う。」 これを読んだ時、時間軸って皆一緒じゃな…

非定型うつ病な日

非定型うつ病という言葉をご存知でしょうか。私は今日初めて知りました。医療法人和楽会のウェブサイトによると、過食や過眠、「気分の反応性」が症状として挙げられています。 私は、2年前を思い出して、ゾッとしています。2年前の私、休学する前の私、体重…

幸せな休学後

今とても幸せです。 木曜日は大学の授業がなくて、今日は天気が良いから布団を干して、日当たりの良い窓辺でご飯を食べて、窓を開けていると外から金木犀の香りが漂ってくるんです。時々近所の人の物音が聞こえてきて、平和だなって思います。大学を2年休学…

私なんてくそくらえ

中国では、Google検索が出来ません。インターネットは検閲されています。駅に入る時には荷物検査があります。あちこちに監視カメラがあります。 中国には、自由な言論がありません。 ところで、炎上って怖いと思いますか。 私は、ちょっと怖いです。有象無象…

S先生へ〜再会という名の2通目

一つだけ残ったトルコのお土産をS先生に渡そうと思ったのは気まぐれだったかもしれないけれど、思いついてみるととても素敵なものに思えて、それからずっと先生のことを考えていました。箱のまま持っていくわけにはいかないよなぁと考えてこの間買った洋服の…

まだ

別に忘れているわけではないんです。このブログの存在を。 ただ書くほどのこともないというか、書く気がないというか。でもこのブログがあることが、私の中で何か支えになっていることは事実です。 帰ってくる場所がある、書ける場所がある、ただそれだけの…

あなたは優しいですか

高校一年の時の国語の授業で、先生が言ったのです。「私たちは、自分に得のあることを進んでする訳です。例えば、隣の人の消しゴムが落ちた時に拾ってあげるのは、その人と良い関係を築いておきたいからです。 もし、普段から意地悪をしてきたりお礼も言わな…

私と誰かと私だけ

私の文章が誰かの考えるきっかけになれば、誰かの心に残ることがあればいい――なんて考えていません。 だって、私の文章は、ただの足跡です。廃棄物とか残りかすとか、そういう言葉でもいいです。必要な部分は残っていない、ただ打ち棄てられるだけの、価値の…

南半球の妹

「南半球では、月が逆なんだよ」 という私の言葉に、 「は?意味が分かんない。昼間に月が上るってこと?」 と盛大にボケた返事をしたのは私の妹です。 その妹の話をしたいと思います。 最近分かったのですが、彼女の中には様々なマイルールが存在しているよ…

ねぇ先輩、

大学に通っている時、先輩たちが大好きでした。 先輩たちが全てで、体育会系と間違われるほどに先輩命で、熱狂的に先輩たちが大好きでした。 私は、先輩たちは思いやりのある気遣いの出来る優しい人たちで、大人だと思っていて、心から尊敬していました。 そ…

あなたが好き、だからSNSが嫌い

ずっと、自分がSNSを嫌いなのは、他人と繋がることが嫌いなのだと思っていました。 でもふと気付いたんです。たぶん私は、一対一以外の遣り取りが苦手なのです。 多数に向けて発信されたものは、読んでいる側も自分だけに向けられたものだと思わない。でも確…

幸せでありたい

大学に通っている時、私はたぶん、鬱の入り口にはいたと思います。シャワーを浴びるのが面倒になり、自炊が面倒になり、掃除が面倒になり、他人と連絡を取るのが面倒になり、出掛けるのが億劫になり、笑った時に顔が引きつるのを感じるようになり、ひたすら…

『ともだち』ですか

私は冷たいのだと思います。 高校時代、毎朝クラスメートと「おはよう」を言い合うことを楽しみにしていました。 でもある日気付いてしまったのです。私から言わなければ、私に「おはよう」と声を掛ける人がいないことに。それはいじめとか仲間外れとかそん…

彼らの現実と私たちの闇

大学のゼミの同期生が、卒業旅行に行って帰ってきました。 私は休学して来ているマレーシアとインドネシアで、入ったままのグループラインの大量の通知を迷惑に思いながら眺めていました。同期が行ったのは南国。そして飛行機の関係で韓国。その卒業旅行の報…

中島みゆき Concert「一会」2015〜2016 劇場版

必ず死ななければならないのなら、いっそ今死にたい。 見終わって余韻に浸りながら、そう思ってしまう映画でした。 ファン以外は見ないであろうこの劇場版のコンサートを、私は「中島みゆき」という存在の作り出す世界に入り込んで見ていました。 見ていたと…

書くなら捨てる

超有名作家であるところのEさんのエッセイが家の本棚にあったので読んでみたら、絶句するほど面白くありませんでした。 そんな文章を読んだところで時間の無駄と考えているので3ページで止めたのですが、その旨父親にこぼしたところ、 「エッセイは捨て身で…

人生と旅、旅と人生

「旅は人生だ」という言葉がある。 旅くらいで人生は変わらない。常々そう思っている。私が自分自身の成長を感じるのは、非日常な旅のワンシーンではなく日常生活を丁寧に重ねていく中でのことだ。 旅でどんなに劇的なシーンが繰り広げられても、それはその…

膨らむ思い出と膨らまないガム

とても久しぶりにガムを噛んでいます。最後に噛んだのがいつだったのか思い出せないほどです。 最後に噛んだのはいつだっけ、誰に貰ったんだっけ、と思い出そうとしていたら、懐かしいような記憶が蘇ってきました。 小さい頃、フーセンガムで風船が上手く作…

今日の夢@2016/10/02

スマホを落としました。拾い上げたらスマホは全体にまんべんなくひび割れていて、硬いはずのスマホがグニグニ曲がりました。 あーまたやっちゃったなぁと思いました。それでも問題なく使えて、しばらくはこれでいこうか、とグニグニスマホを曲げながら考えて…